白鵬の優勝

 
大相撲春場所がおわりました。千秋楽の相撲、珍しく最後の一戦観ていましたよ。

あの変化は、あまり相撲を知らない私でも、「えーーーー!残念!」と思いました。

会場のブーイングはさもありなんって感じでした。

今場所中に、横綱である白鵬が、ダメ押しをしたり、前々日にも立合いに変化が合ったりと、態度がちょっとというような意見が出ていた後での結びの一番、それも、稀勢の里との優勝決定戦を控えていたので、といういろんなバイアスがかかっていたのは間違いないのですけどね。

白鵬が朝青龍と違うところは、優勝後のインタビューで、会場のヤジの中で、言葉に詰まり、涙を流し、申し訳なかったと謝罪するところですね。

私は思わずもらい泣きしましたよ。

横綱とは厳しいものだと思ったし、色んな意味で、大変なんだなと。
でも、それを超えて、やっぱり強い横綱でいて欲しいと思うし、立合いはどーーんと行って欲しい。

だって、プロだから。

お客さんはそれを見に来ているから。

横綱には勝ってもらいたいです。もちろん。

大きな山のような存在として、勝って欲しい。

何が何でも勝って欲しい相手は、横綱じゃないんですよね。